FC2ブログ

ネト充とリア充の相剋

中二病患者の、中二病患者による、中二病患者のためのブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり一人旅~京都編~ 1st-day(前篇)

遅ればせながら、京都旅行記です!

固定記事とプラグインのところに、フォトギャラリーを入れましたが、クリックしてフォト蔵というサイトにとんだうえで写真にコメントを頂けるとありがたいです。

そうすると、一か月にあげられる写真の量が増えるので、心からお願いいたしますw


さて本題に入りましょう。


来たる2月20日… 俺は心の内の9割を期待に膨らませながら、池袋サンシャインのバス乗り場に足を向かわせていた。

そう、この日は何を隠そう、ブログでも予告していた一人旅行の日であった。
一人旅行は初めてであり、不安か緊張かわからないような気持ちが心の中の一割を満たしていた。

そうそう、京都を旅行先に決めた理由というのは特にない。ただ、「そうだ、京都へ行こう」というCMを見てて、突発的に京都へ行こうと俺の頭が突発的に想起したからである。

京都は、中学の修学旅行で一回行っているけれども、記憶が墓場に埋もれているかのように、楽しかったかどうか忘れたくらい薄い記憶となっているし、今回の旅行は当時の京都旅行の充実さを超える自信は、10点差で9回の裏を守っている野球チームくらいあった。

京都を全力で楽しむ・カメラの技術向上・自分の成長 といった三つの目標を頭の片隅で考えていると、京都への夜行バスが到着した。

狭苦しい車内で、トイレへの移動を苦しみつつも、浅い眠りに俺はついた…。


「…京都に止まります。」

そこまで、眠りが深くなかった俺はそれがよく聞き取れた。

関西行きのバスだったため、そのあとも停車場所はたくさんあったけれども、バスにいる半数がそこで降りていた。

準備が早々に終わった俺は、車内で降りる人の列の3人目くらいに並び、ゆっくりとバスの階段に足を落としていった。
地に足がつく。そこは、京都であり、京都以外の何物でもなかった。

なぜなら、駅に大きく 京都駅 って書かれてるからな。

京都マップ1

京都駅周辺1

京都駅周辺2

まぁ、それはどうでもよくないけど、どうでもいい。
まだ朝が早すぎたのだ。手元の時計を見ると、まだ午前の06:30だったのだ。


さて、どうしたものだろうか。朝早すぎて一日乗車券も買えなかったので優雅にカフェで07:30まで待つことに。
そうして、待つこと一時間。総合券販売所が開いたので、一日乗車券(京都フリーパス)を購入することに。
京都フリーパスってのは、2000円とちょっと高いのだけれども、JRも地下鉄もバスも乗れるというなかなかの優れものだったので、それを選択することにした。

さて、早速出発。一日目は、よく行く観光場所からは少し外れて、南(奈良方面)を目指すことにした。
そのために、JR奈良線で南下…。

まず初めに、稲荷駅に降り、伏見稲荷大社に参拝することにした。

京都マップ2

伏見稲荷大社1

伏見稲荷大社2

伏見稲荷大社3

伏見稲荷大社4

伏見稲荷大社5


鳥居がいっぱいある大社で有名ですな。
個人的には廻った中で、最初にして一番か二番目に良かった寺院だった。

大社というだけあって、中はかなり広かった…ってどころではなく、2時間半くらい歩き続けたけど、全部回れなかったというのはここだけの話。

鳥居はずっとあり続けていて、いくつあるか数えようとしたけれども、数える気を失せるくらい多かった…。

とりあえず、ずっと階段だったので、いい運動にもなった。目的は運動じゃないけどな。
早朝だったため、地元のおっちゃんが、薄着で階段を走ってたなw

ってくらい、ず~~っと階段ですた。
ただ、正直疲れたってのもあったけど、早朝だったために人が少なくて、階段を上るたびに素晴らしい景色が見られて本当によかった。

というわけで残りの写真はフォトギャラリーで確認してみてください!

次に、更に南下して木幡駅に降りることに…

えっ…何があるかって???

それは…

そう…


京都アニメーション


京都マップ3

京アニ1

京アニ2

京アニ3

京アニ4


上の二つ目までが本社の写真。
問い合わせたんだけれども、どうやら中の見学はさせてもらえませんでしたw

ただし、せっかくここまで来たのだからと、写真の三枚目と四枚目を見て頂ければわかると思うのだが、木幡駅には京アニショップというものがありましてね…

色々買い物させていただきましたが、友達のお土産とともに8000円くらい買いものしてしまったのはここだけの話w
お土産は京都旅行の最後の記事にまとめようと思っているので、気になってはいないだろうけど、待望しといておいてくだされ。

というのはさておき、中の写真撮影許可を店員に聞いたのだが、どうやらだめらしい。
では、中で何をしたのかというと、実は買い物のほかに店員とお話をしていると、どうやらハルヒやらきすた、けいおんのセル画があるというので、奥で説明と実物を見せてもらったw

決して、近日のアニメではセル画は使われていないけれども、やはり観光客用にこういうのは用意されているんだな。

もちろん写真は禁止と言われちゃった…☆(ゝω・)vキャピ
こんなかわいい感じでやっても、写真は厳禁らしいので、言葉の説明だけでも許してほしい。

セル画というのはもともと詳しくはなかったけれども、プラ版みたいなものに一枚一枚、丁寧に色を塗っていってそれを重ね合わせていくことで、アニメーションが作られていたようですな。

絵具とかも見せてもらったのだが、色の種類が三十三間堂の像もびっくりするかの如くの種類があり、ほとんど近い色のように見えても、微妙な色の違いがあるらしい。

例えば、キャラごとの肌の微妙な色の違いも、違う絵具を使うことで表現していたそうな。
絵具と絵具を混ぜることは絶対にタブーなんだって。

今のアニメはパソコンの技術が発達して、綺麗な映像を素早く作れるようになったけれども、友達が言ってた通り、確かにセル画には近日のアニメーションにはない温かみを感じた。


まぁとりあえず、京都旅行に行くのなら行ってみるといいかもしれない。
ただし、かなり中心街から離れているので、一泊旅行だったら絶対にオヌヌメしません。

冬は大体の寺院が16時半に拝観時間が終了するので、色々まわりたいのであれば、厳しい場所にあります。
といっても、一人旅行ぐらいでしかこういうところは行けないのだから、いい体験でしたね。



ってことで、明日から合宿行くので旅行記はこの辺で終えておく。


To Be Continue...
スポンサーサイト

Comment

京都いいなぁ~。
自分もどっか旅に出たいわー( ゚ ρ ゚ )
  • posted by ハカ
  • URL
  • 2012.03/03 14:51分
  • [Edit]

こんにちは

以前京都に行ったんですが
伏見稲荷神社見逃したことを思い出し泣きそうです
この記事の写真を見行きたくなりました
京アニは勇気のステータスがその時足りなかったのでいけませんでした(´・ω・`)
  • posted by 夕凪
  • URL
  • 2012.03/08 10:53分
  • [Edit]

最近忙しく、遊びこれなくてごめんなさい!><
京都の空気感すごく素敵ですねw色んな時代の文化が詰まってて刺激的です( ゚д゚)

伏見稲荷大社、壮大すぎるwテレビではよく見るんですが、僕も実際に行ってみたいです・・・!
  • posted by こむつー
  • URL
  • 2012.03/08 16:48分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ぽん乃助

Author:ぽん乃助
大学生です…w

そして、遂にゲーム実況者の仲間入り!!w

得意なゲーム:QMA,ドンキーコング

あと、相互リンク募集中です。

写真

フォト蔵に旅行などの写真をあげています。

写真にコメントなどを頂けるとありがたいです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
1584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
251位
アクセスランキングを見る>>

累計カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

何かあったら、こちらに連絡くださいw

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。